価値ある技術でニーズに応えるー建築・土木 耐震補強・補修の宮城県仙台市 株式会社エスイーテクニカ

株式会社エスイーテクニカ

  • ● 各種調査・設計・施工・管理
  • ● 各種非破壊検査
  • ● 外壁 補修・補強
  • ● 橋梁・コンクリート建造物等 補修・補強
お気軽にお問い合わせください tel 022-393-4682 se-technica@r5.dion.ne.jp

事業内容|耐震補修・補強

当社の補修・補強技術は、建築構造物を支えるプロフェッショナルとして様々な状況に応じたあらゆる施工をサポートいたします。

連続繊維シート工〈剥落防止対策〉

連続繊維シート工法は、構造物に各種シートを貼付けて補修・補強を行う工法です。軽量で高強度と、優れた剥落防止機能でコンクリート構造物の保護、保全を行います。
連続繊維シート工〈剥落防止対策〉
炭素繊維シート工
軽い、強い、錆びない、腐らない等の特長を有する炭素繊維を一方向又は二方向に配列したシートが炭素繊維シートです。施工用エポキシ樹脂を用いて、鉄筋コンクリート構造物等の躯体表面に、炭素繊維シートに樹脂を含浸させながら接着しCFRP(強化プラスチック)化することで不足する鉄筋量を補い、せん断耐力、曲げ耐力、疲労寿命を向上させてひび割れ抑制にも効果があります。
炭素繊維シート工
アラミド繊維シート工
アラミド繊維は工業用高機能素材として開発された全芳香族ポリアミド繊維で、高強度、耐衝撃性、耐蝕性に優れ、軽量かつ柔軟な非導電性有機繊維です。アラミド繊維を一方向あるいは二方向に配列してシート状にした材料です。アラミド繊維シート補強工法では、アラミド繊維シートをエポキシ樹脂で含浸させながらコンクリート構造物に貼付して、繊維強化プラスチックス(FRP)として使用されます。
アラミド繊維シート工
炭素繊維シート工(SR-CF工法)
SR-CF工法は、炭素繊維クロスを用いた耐震補強工法の一つで、特殊なCFアンカーを併用することにより、壁付き柱・梁・壁を補強可能にした工法です。
炭素繊維シート工(SR-CF工法)
CFラミネート工法
CFラミネートをシーカデュア30で躯体に接着するコンクリート構造物の曲げ補強工法です。CFラミネートが引張力を負担することで、曲げ耐力が向上します。
CFラミネート工法
SRF工法(包帯補強)
SRF工法は、しなやかで強靭なポリエステル繊維のベルトやシートを、ウレタン系一液性無溶剤接着剤で鉄筋コンクリート(RC)の柱、壁等に貼り付け、巻き付ける工法です。鉄筋コンクリートの損傷と破壊を直接防止し、新材料(Recovered Reinforced Concrete:R2C)と呼べる程の強靭性を付与することが、各種の実験で確認されています。コンクリートをしなやかで切れない材料で被覆することを耐震被覆と呼んでいます。SRF工法は包帯補強とも呼ばれています。
SRF工法